自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


筋肉は使わないと硬くなる・・・体幹・肩甲骨・股関節を意識してエゴスキュー!


SEP

「自分で治せる痛み解消運動療法」のシェーン安本です。

筋肉は使わないと硬くなる。

動物がじっとしていて硬くなった筋肉を大きな伸びでほぐすように、体の柔らかさを保つためには本来、適度に動くことが望ましいい。

だが、
現代人は仕事でイスに座り続けるなど、筋肉が硬化する暮らしにどっぷりつかっている。

筋肉だけでなく、関節も十分に動かしていないと硬くなりやすい。関節の回りのコラーゲン繊維が、結合して固まりやすくなるためだ。

 

 

更に、
筋肉も関節も加齢によって硬さをますので、中高年になって様々な支障をきたす恐れがある。

筋肉が硬くなると血管が圧迫されて血流が悪化する、と言われており、冷えや肩こり腰痛なども起こりやすくなる。

深刻な場合は、血管の硬化などにより脳卒中や心筋梗塞を引き起こすリスクも高まる。

筋肉が硬化すると肉離れなどのけがもしやすい。

関節に負担がかかり、炎症などの恐れもでてくる。

 

 

SEP

そこで、
大切なことは、コアーと言われている胴体部分に意識を向けること。

(←「スタティック・エクステンション・ポジション」というエクササイズを行っている。)

 

 

 

コアー(胴体部分)とは、以下の3つの最も重要な軸のこと。

①体幹(首から背骨、骨盤まで縦に続く部分)

②肩甲骨(腕の付け根の部分)

③股関節(足の付け根の部分)

このコアーの部分が全身運動の基点になる。

しなやかに維持しておかないと、年をとってからスムーズに動けない。

 

 

老若男女、運動能力などに関わらず、この問題に応えてくれるのが「エゴスキュー・メソッド」。

 

 

2月2日(土)に「驚異のエゴスキュー」体験会を開催。

まずは自分の体でエゴスキューの凄さを実感してみてください。

 

=================================================

■ シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」

 

「1時間無料体験」実施中   詳細はこちら

 

TEL  080-5427-9257

営業時間:10:00~19:00 完全予約制

休日:毎週火曜日 及び 第2&4水曜日、第1&3木曜日

JR渋谷駅 新南口 徒歩4分  詳細はこちら


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

頭痛、耳鳴り 2016年08月16日
頭痛の原因って何?

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ