自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


飛距離が伸びないとお悩みのゴルファーに朗報!


ゴルフスイング

「自分で治せる痛み解消運動療法」のシェーン安本です。

 
ゴルフスイング
 

ゴルフにはベストシーズンになってきましたね。
 
 
筋力トレーニングを続けているのに、飛距離が思ったより伸びない、と悩んでいませんか?
 
 
もし、
あなたがそんな悩みを抱えていたとしたら、スイングする姿勢に問題があるかもしれませんね。
 
 
特に骨盤が歪んでいると、下半身で溜めたパワーを効率よく上半身に伝えることができません。
 
 
だから、
いくら筋力があっても、飛距離が伸びない。
 
 
そこで、
今日は骨盤の位置を矯正し、力が効率よく伝わる理想の姿勢になるエゴスキュー・メソッドの中から3つのエクササイズを紹介いたします。
 
 
(1)Static Back    
   (スタティック・バック / Min.5分)

(2)Static Back Pullovers  
   (スタティック・バック・プルオーバーズ / 10回X3セット)

(3)Cats and Dogs    
   (キャッツ・アンド・ドッグス / 10回)
 
 
驚異のエゴスキュー

エクササイズの詳細に関しては、KKロングセラーズ発行の 『痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー』 を参照。
 
 
 
 
 
 
または、
下記のいずれかの体験会に参加いただければ、エクササイズの詳細をお伝えいたします。
 
 
(1)6月5日(木)「驚異のエゴスキュー」体験会 (詳細はこちら

(2)1時間無料体験(痛み解消相談) (詳細はこちら
 
 
 
■□==========================================□■

【シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」】

1)今すぐ辛い痛みから解消されたいあなた:
▼「個人セラピー」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=389

2)そうは言ってもエゴスキューが自分に合うかどうか不安なあなた:
▼「1時間無料体験」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

3)多くの方と一緒に一度体験してみたいと考えているあなた:
▼「驚異のエゴスキュー」体験会へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=491

4)本で簡単にエゴスキューを知りたいと考えているあなた:
▼「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」を購読下さい。
http://amzn.to/5ioZuQ

■□==========================================□■

PS.ブログにコメント&「いいね!」をお待ちしております。


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ