自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


風邪をひいたらどうしていますか?


風邪薬

 
風邪薬
 

数日前の4月上旬並みの暖かさから一転して、真冬の厳しい寒さに逆戻りですが、風邪などひいていませんか?
 
 
今日は風邪に関する興味ある投稿を2つアップしますので、参考にしてみてください。
 
 
 
内海聡先生の2月5日のFBでの投稿記事

最も基本的な病気とやらについて一言。つまり風邪。

風邪というのはウイルス感染が大半であることはもはや皆さんご存じだろう。しかし例えばこのウォールであっても外であっても、医者に頼るのは良くないとかいいながら、かかってしまうと風邪薬を飲むなどという愚行をよく見かけるものだ。

風邪薬は解熱鎮痛薬と咳止めなどの混合剤であることが多い。すなわち解熱薬で体温を下げればウイルスは死ににくくなり、風邪の治りは悪くなり、場合によっては悪化したりする。抗生物質は市販の風邪薬には入っていないが、内科でもらう人は数知れない。内服抗生剤は大した効果もなく、体内免疫は狂わせ、風邪の治りはむしろ悪くなる。腸内細菌は狂い善玉菌は死に耐性菌は作る。人々を医原病により困らせる薬が内服抗生剤である。

風邪ですぐ使われることはないが、病院などでは喘息などへテオフィリン、ムコダインなどが使われる。しかし、これらの薬はけいれん、てんかん、急性脳症、高血糖、低血糖、などをきたし、しかもテオフィリンは中毒領域が狭い危険な薬である。しかしこの薬は喘息や呼吸器疾患では、まるでご飯に必ず付いてくる漬物のように、内服や点滴であらゆるところに使用されている。

咳止めとして有名な薬がコデイン系の薬である。このコデイン系がモルヒネに類似した麻薬系の薬であることを人々は知っているだろうか? もちろんこのコデイン系咳止めの依存性は、ヘロインやコカインには及ばないが、それでもそもそもこの薬には依存性や禁断症状があり、更にいえば中枢神経抑制作用(つまり脳の働きを抑える作用)がある。モルヒネの類似物質なので便秘や吐き気などが出ることもモルヒネと類似している。それでもそんなことはおかまいなしに内科や外科の外来では日常的に使われている。

そもそも論に移るが、人体にとってなぜ咳や痰がでるかを考えたことがあるだろうか?それは病気だからそうなっているわけではなく、代替症状として、違う言い方をすれば治すための体の反応として出ているということだ。更にいえば、仮に咳や痰がつらくてもそれで命を落とすことはほとんどない。今の薬など飲んだ方が死や悪化の危険性は高まる。

風邪なんぞ熱を出してふとんにくるまり、汗かいて水分とって滋養にいいものを食べる。ただそれだけのことである。
 
 
 
樺沢紫苑先生の2月2日のFB投稿記事

樺チャンネル第3弾。「風邪を1日で治す方法」をアップしました。私がいつも自ら実践して効果を上げている風邪治療法を、是非、試してみてください。

http://youtu.be/1Acyb6hKZ7o


 
 
 
以上如何だったでしょうか?

そろそろ風邪をひいたから風邪薬を服用するという短絡的な考え方から脱却してみませんか?

医療に関するリテラシーを高め、賢く生きていきましょう。
 
 
 
 
■□==========================================□■

【シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」】

1)今すぐ辛い痛みから解消されたいあなた:
▼「個人セラピー」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=389

2)そうは言ってもエゴスキューが自分に合うかどうか不安なあなた:
▼「1時間無料体験」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

3)多くの方と一緒に一度体験してみたいと考えているあなた:
▼「驚異のエゴスキュー」体験会へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=491

4)仲間と一緒に2回/月のペースで楽しみながら学びたいと考えているあなた:
▼「東急カルチャースクール」へ
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2013100003TT05001.html

5)本で簡単にエゴスキューを知りたいと考えているあなた:
▼「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」を購読下さい。
http://amzn.to/5ioZuQ

■□==========================================□■

PS.ブログにコメント&「いいね!」をお待ちしております。


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ