自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


意外と知らない年賀状に書いてはいけないNGワード


年賀状

「自分で治せる痛み解消運動療法」のシェーン安本です。

 
年賀状
 

年賀状を書く季節がやってきましたね。

そこで今日、意外と知らない年賀状に書いてはいけないNGワードについてのお話です。

以下は、生活の知恵があつまる情報サイト「nanapi」より引用。
 
 
 
■「A Happy New Year」

日本では「あけましておめでとう」という意味合いでよく使われている「A Happy New Year」ですが、厳密に見れば文法的な間違いを犯しています。

というのも、
文頭に不定冠詞の「A」がついているために、挨拶としての意味合いが薄れてしまうのです。英語で「おはよう」と挨拶する時、「A Good Morining」なんて言いませんよね?

なので、
年賀状に書く場合には「A」を抜いて「Happy New Year」としましょう。

「A」をつけてしまうと、「楽しい新年」といった名詞的な意味になってしまいます。
 
 
 
■(目上の方宛に)「賀正」「迎春」「賀春」「頌春」

これらの2文字の賀詞(新年を祝う言葉)は、実は正式な言葉ではなく略語です。

そのため、目上の人へ送ってしまうと失礼に当たるので、上司やお世話になっている方への年賀状では使わないようにしましょう。

目上の人へは、「謹賀新年」「恭賀新年」「敬頌新禧」などの4 文字からなる賀詞を使用するのがベターです。
 
 
 
■「。」「、」

年賀状のような儀礼的な文書には、句読点(「。」と「、」)を使わないという慣例があります。

その理由については「途切れずに滞りなく流れるようにとの意味を込めた」「文章を読みやすくするための”補助”的な用法なので、失礼に当たる」など諸説入り乱れていますが、慣例自体はきっちり存在しているものなので、「。」と「、」は使わないよう気をつけましょう。
 
 
 
■「去年はお世話になりました」

上司や先輩への年賀状では使いがちな表現ですが、実はNG部分が一箇所あります。

それは、「去年」の「去」。実は、「去」という字は死を連想させる忌み言葉なので、年賀状というおめでたい文書では使うべきではないのです。

勿論、
「衰える」や「失う」といったどう見てもネガティブな表現はもってのほかですよ。

どうしても去年のことが書きたい場合は、「昨年」や「旧年」と言い換えましょう。
 
 
 
■「新年あけましておめでとうございます」

「新年あけましておめでとうございます」は、新しい年を意味する「新年」と年が明けて新しい年の到来を意味する「あけまして」で意味が重複しているため、文法的に誤りとされています。

実は、
「湯が沸く」「穴が空く」と同様に、「『新年が明ける』は変化の結果に注目していうものなので間違いではない」らしいのですが、一般的には重複表現であるという意識が強いので使わない方がベターでしょう。
 
 
 
■ 過剰な「あけおめ」アピールもNG

「謹賀新年」と「あけましておめでとう」は併用しない

ここまで、ワード単位でNGなものを挙げてきましたが、使い方によって誤りになる表現もあります。

中でも特に注意したいのが、過剰な「あけおめ」アピールです。

例えば、

謹賀新年
あけましておめでとうございます。

という文面は、2度も「年が明けておめでたい」という気持ちを表してしまいます。

確かに年明けは気分も高まりますが、文章的には意味が重複してしまうので気をつけましょう。
 
 
 
■ 知っておきたい賀詞の意味

上のような失敗を犯さないためには、新年の祝言葉である「賀詞」の意味を正確に知っておくことが大切です。

以下に、主な賀詞の意味を紹介しておくので、年賀状をデザインする前にしっかり意味を確認しておきましょう。

賀正:正月を祝う
賀春:新年を祝う
頌春(しょうしゅん):新年をたたえる
迎春:新年を迎える
謹賀新年:謹んで新年をお祝い申し上げます
恭賀新春:うやうやしく新しい年をお祝い申し上げます

ちなみに、「春」は「新年や年の初め」を意味し、「賀」は「祝い」という意味になります。
 
 
 
■ おわりに

ちなみに、賀詞の中で相手を選ばずに使えるとされているのは以下の4つです。

1:明けましておめでとうございます
2:新年おめでとうございます
3:新春のお慶びを申し上げます
4:Happy New Year

目上の方にあてるものやビジネスシーンでは「横文字=軽い」という印象を与えかねないので、相手によって印刷する内容を変えるのが面倒な方は、1~3の挨拶を選ぶのが無難かもしれませんね。
 
 
 
 
■□==========================================□■

【シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」】

1)今すぐ辛い痛みから解消されたいあなた:
▼「個人セラピー」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=389

2)そうは言ってもエゴスキューが自分に合うかどうか不安なあなた:
▼「1時間無料体験」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

3)多くの方と一緒に一度体験してみたいと考えているあなた:
▼「驚異のエゴスキュー」体験会へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=491

4)仲間と一緒に2回/月のペースで楽しみながら学びたいと考えているあなた:
▼「東急カルチャースクール」へ
http://www.tokyu-be.jp/seminar/2013100003TT05001.html

5)本で簡単にエゴスキューを知りたいと考えているあなた:
▼「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」を購読下さい。
http://amzn.to/5ioZuQ

■□==========================================□■

PS.ブログにコメント&「いいね!」をお待ちしております。


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ