自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


勝みなみ選手・・・優勝おめでとうございます!!!


勝みなみ優勝

「自分で治せる痛み解消運動療法」のシェーン安本です。

 
勝みなみ優勝
 
勝(かつ)みなみ選手・・・優勝おめでとうございます!!!
 
 
女子プロゴルフツアーのKKT杯バンテリン・レディース(熊本県菊陽町)で20日、ツアー優勝で史上最年少記録を更新した鹿児島高1年のアマチュア、勝みなみ選手(15)。
 
 
本当に素晴らしい優勝ですよね。
 
 

ジュニア時代からプロのコーチに従う選手が多いなか、完全な独学で成長してきた異色の存在とのこと。
 
 
天才少女がのびのびと育った背景には、ゴルフが趣味だった祖父・市来さんの影響が大で、6歳からゴルフを始めた。
 
 
市来さんの指導を受けてラウンドや練習を重ねてきた。
 
 
負けず嫌いの性格で、小・中学校時代から全国大会で優勝を重ねるなど同世代のトップ選手に成長したようですね。
 
 
勝選手は5歳で地元のスポーツ少年団に入り、運動神経のよさを発揮、縄跳び、テニス、バック転…。
 
 
そこに目を付けたのが祖父の市来(いちき)龍作さん(74)だったようです。
 
 
勝が6歳のとき、「老後に一緒にプレーできたら」という期待を込めて小さなゴルフクラブを贈ったとのこと。
 
 

このように世の中の潮流に流されることなく、伸び伸びと勝選手の潜在成長能力を育んできた家族には敬意を表したいですね。
 
 
 
ここで提案です。
 
 
勝選手には今のうちから、体のメンテナンスに注意を向けて、エゴスキューに取り組んでいただきたいものです。
 
 
ゴルフというスポーツでは、ティーショットのインパクトの瞬間、肘や肩、膝、そして腰に恐ろしいほどの負荷がかかります。
 
 
ゴルフボール自体は軽くて小さい物ですが、全てのパワーをそのインパクトに集めますので日常生活ではありえない負荷になるのですね。
 
 
また、当たり前なんですが、右利きなら右打ち、左利きなら左打ちで、野球のようなスイッチヒッターはいません。
 
 
つまり同じ「捻り(ねじり)」を繰り返していくわけです。
 
 
試合当日のショット数は大した数ではありませんが、それまでに練習で何万回と同じ捻りでショットを繰り返しますので、ゴルファーはいつも体に衝撃を与え続けているのです。
 
 
そして左右アンバランスな運動を繰り返していくうちに、
 
その結果、体には歪みが生じてきます。
 
 
従って、

普段から体の歪みを矯正し、安定したショットを打ち続けることができるように、日々エゴスキューを練習メニューに取り入れることを推奨します。
 
 
タイガー・ウッズのように膝の手術、腰の手術をするという手遅れになる前に、是非エゴスキューを今のうちから取り入れることを願ってやみません。

 
 
フレディー君
 
 
 
 
■□==========================================□■

【シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」】

1)今すぐ辛い痛みから解消されたいあなた:
▼「個人セラピー」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=389

2)そうは言ってもエゴスキューが自分に合うかどうか不安なあなた:
▼「1時間無料体験」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

3)多くの方と一緒に一度体験してみたいと考えているあなた:
▼「驚異のエゴスキュー」体験会へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=491

4)本で簡単にエゴスキューを知りたいと考えているあなた:
▼「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」を購読下さい。
http://amzn.to/5ioZuQ

■□==========================================□■

PS.ブログにコメント&「いいね!」をお待ちしております。


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ