自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


テニスエルボーの真の原因は?


肘

 
tennis_elbow
 

『健康請負人』ヘルスコンサルタントのシェーン安本です。

残念ながら相変わらず我々のテニス仲間に、
テニスエルボーで困っている人がいます。

実は私もかつてテニスエルボーで悩まされた時期がありました。

でも、

エゴスキューのお陰でこの痛みから解放されたのです。

そこで、

今日はテニスエルボーにつき解説していきますね。

<原因>

テニスエルボーの原因は、
肘自身の問題とか、肘周りの腱の問題とか、
テニスラケットの問題とか、年齢の問題というよりは、

肩のポジション(位置関係)の歪からくる
肩の機能不全によるものと考えられます。

肩、肩関節は関節の中で最も稼動域の広い関節で、
極めてフレキシブルに出来ており、

肩のポジションが正しく、正常に機能していれば、
自己治癒力も働き、
問題を発生させることはないと考えられています。

体は一つのユニットである」というエゴスキューの考え方から、
肩のポジションに歪が生じると、

腕、手、手首周りの連鎖している筋肉、骨格、腱などが
本来やるべき役目を果たさなくなります。

鏡を前にして自分の姿勢を見てみると、
手は体の真横ではなく前に位置していませんか?

利き腕側の肩はもう一方の肩より下がっていませんか?

ラウンドショルダーといって肩が前側に丸まっていませんか?

もしこのような症状が鏡に確認されたならば、
肩、肩甲骨が正規の位置になくずれており、
これが肩の「機能不全」と呼ばれる現象です。

肩に機能不全が発生すると、
本来行うべき役目(回転、安定化、屈曲、伸展など)が遂行されず、
肘、手首がこれらの役目を代行することになります。

これが「代償作用」と呼ばれる現象です。

肘に代償作用が起きると、テニスを続けることにより
肘への負荷が増大し、痛みに繋がっていきます。

<対策>

当面の対策としては休む勇気、アイシングですが、

恒久対策としては肩の歪をとり、
ポジションを正しい位置に戻すことです。

下記にテニスエルボーに有効と思われる
エゴスキューのエクササイズを紹介します。

これらのエクササイズを毎日実施することにより、
肩のポジションが矯正され、
肘、手首の筋肉への負荷が軽減されます。

●スタンディング・アーム・サークルズ(両腕グルグル回し)

●スタンディング・エルボー・カールズ(肘の開閉運動)

●サーカムダクション(振り子腕)

●アッパー・スパイナル・フロアー・ツイスト(上半身ひねり)

エクササイズの詳細は
名著「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」 を
参考にして下さい。

→ http://amzn.to/5ioZuQ

また、

エゴスキューを体験できるイベントを
ウイークデーと週末に開催します。

このイベントはこれまでにも定期的に開催し、

おかげさまで大好評をいただいています。

あなたに心からお勧めできるイベントですので、
是非ともお越しください。

イベントの詳しい案内はこちらです。

→ http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=8129

→ http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=8532

 
USFT2
 


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ