自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


【側湾症って言われたんですが・・・?】


高橋さん体験会

 
20131011125352
 

『健康請負人』ヘルスコンサルタントのシェーン安本です。

先日、
側弯症の方の痛み相談を受けました。

<Quote・・・・・・・・・・>

私の腰痛の原因は・・・どうも側弯症って病気らしいです。

ほんとにしんどいので中国整体に通いだして早3年。

でも、一向に治ったって感じがしない。。。

時間が経つと戻っちゃうし。

今日も腰、背中、肩が痛い。

<・・・・・・・・・・Unquote>

側弯症ということは明らかに
姿勢の歪みが見られるということですよね。

人間の体は一つのユニットで構成されているので、
姿勢の歪みによりある場所に機能不全が起こると、
その部分をカバーするために、
いたるところで代償作用が起こりうる可能性があるわけです。

代償作用が起きるとその結果として、
腰、背中、肩などに痛みが
発生する可能性が高くなります。

この方がおっしゃっているように、
「整体で一時的によくなるが、

でも、
一向に治ったって感じがしない。

時間が経つと戻っちゃうし。」

というのは、
痛みの原因である姿勢の歪みを矯正するという
根本治療がなされていないからです。

姿勢の歪みを治さない限り、
色々な場所で代償作用が起こり、
痛みをもたらします。

3年も整体に通い続けるなんて、
時間とお金の無駄だと思いませんか・・・?

この姿勢の歪み矯正に最適な運動がエゴスキューです。

是非「1時間無料体験」にて試してみませんか?

→ http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

 
高橋さん体験会
 

■□==========================================□■

【シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」】

1)今すぐ辛い痛みから解消されたいあなた:
▼「個人セラピー」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=389

2)そうは言ってもエゴスキューが自分に合うかどうか不安なあなた:
▼「1時間無料体験」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

3)多くの方と一緒に一度体験してみたいと考えているあなた:
▼「驚異のエゴスキュー」体験会へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=8129

4)本で簡単にエゴスキューを知りたいと考えているあなた:
▼「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」を購読下さい。
http://amzn.to/5ioZuQ

■□==========================================□■


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ