自分で治せる腰の痛み改善プログラム~エゴスキュー


『成功率95%』を誇るエゴスキュー・メソッドとは?


IMG_4974

 
Patch121008_1
 

『健康請負人』ヘルスコンサルタントのシェーン安本です。

私たちは顔や体格、性別など一人一人異なっていますよね。

けれども、

共通したものがあるのですよ・・・
何だか分かりますか?

それは、

人間は自分の中に自己治癒力を秘めていて、
自分で自分の健康問題を解決できるということです。

けれでも、

体のどこにも痛みがなく、
健康な体で日々生活を送るためには、
何が必要と思いますか?

それは、

あなたの決心と努力です。

これさえクリアーできれば、
体の痛みを解放するために、

薬も手術も特別な器具など必要でなく、
自分の力のみで自分をよみがえらせることができるのです。

これが・・・「エゴスキュー・メソッド」なのです。

痛みとは、
「体の異常を知らせてくれるメッセージ」です。

ところが、

私たちは痛みを「悪いこと」とみなしています。

しかし、

人間の体という
「驚異的に見事に作られたマシーン」の基本的な特徴をよく理解し、

歪んだ体をエゴスキュー・メソッドで本来の正しい姿勢に戻せば、
痛みから解放されるのです。

体の痛みでお悩みのあなた・・・
まずは無料痛み相談にお越しください。

「1時間無料体験」実施中です。

▼「1時間無料体験」のお申し込みはこちら
http://form.os7.biz/f/22c8e467/

 
IMG_4969
 

■□==========================================□■

【シェーン安本の「自分で治せる痛み解消運動療法」】

1)今すぐ辛い痛みから解消されたいあなた:
▼「個人セラピー」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=389

2)そうは言ってもエゴスキューが自分に合うかどうか不安なあなた:
▼「1時間無料体験」へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=252

3)多くの方と一緒に一度体験してみたいと考えているあなた:
▼「驚異のエゴスキュー」体験会へ
http://amepress.egoscue-shane.info/blog/?p=491

4)本で簡単にエゴスキューを知りたいと考えているあなた:
▼「痛み解消メソッド 驚異のエゴスキュー」を購読下さい。
http://amzn.to/5ioZuQ

■□==========================================□■


こちらも合わせてお読みください


安本 昌弘 (「シェーン」)


 エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト&一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナー、 インターネットビジネス、オプションなどの投資関連業務、 シェーン コーポレーション代表
 
大学卒業後、世界一の写真関連企業に入社。1年目から海外関連業務に携わり、2度にわたるニューヨーク駐在で、トータル23年間の海外勤務を経験。シニア・バイス・プレジデント(SVP)のポジションにてマネジメントを担当するも、営業と技術をリンクする「営業技術」を得意分野とする。
 
2009年に62歳で同社を退社後、「年金に頼らない生き方」を標榜すべく投資関連の勉強を開始、主にオプション(デリバティブ)にて資産を形成。シェーンコーポレーションを設立し、代表に就任。
 
2010年1月2日のこと、テニスプレー中に腰に激痛が走りプレー中断。腰痛をネット検索し「エゴスキュー」をヒット。藁にもすがる思いで「個人セラピー」を受けたところ、劇的に痛み解消。これは本物だということで、自らがエゴスキュー・ジャパン認定セラピスト及び一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーになり、少しでも体の痛みで困っている人を助けたいという思いで活動開始。
 
2012年よりインターネット・ビジネスの勉強を開始、ここで学んだ知識を「エゴスキュー」ビジネスの集客に生かしている。
 
現在は「年金に頼らない生き方」を掲げて、エゴスキューを中心に、投資、インターネットビジネスを3本の柱にして、経済的安定基盤を確保し、社会に貢献中。
 
特に、エゴスキュー・ジャパン認定セラピスト & 一般財団法人エゴスキュー・ジャパン協会認定トレーナーとして、腰痛・肩こりなどの体の痛みで困っている世の中の人に対して、「エゴスキュー」の素晴らしさを知ってもらうべく活動中(セラピー、トレーニング、ブログ・FBなどのSNSによる情報発信)。

ピックアップ

Facebookページ

Twitter

Facebookで最新情報を購読

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ


このページのTOPへ